マス×デジタル統合プランニング

コミュニケーション課題に応じて、リーチ指標だけでなく態度変容指標も参照し、予算配分や広告効果を高速PDCAで最適化。

デジタルメディアはマスメディアに匹敵するほどのリーチ獲得が可能となったことに加え、動画広告を中心にリッチなアドフォーマットの拡充が進んでいることから、認知獲得を目的に活用されるケースが増えています。それに伴い、従来のクリックやコンバージョンといった行動指標ではなくリーチや認知といったマスメディアと同一の指標で評価できることや、同一指標で評価した際のマスメディアとの最適予算配分の導出など、多くの要望をいただきます。

アッパーファネルの予算配分最適化

テレビCMと動画広告の予算配分について、電通デジタルは業界の中でもいち早く取り組みを始めており、ターゲットリーチの最大化プランニングだけでなく、重複リーチシミュレートやフリークエンシー分布の最適化などコミュニケーション課題に応じた最適解を導出できる仕組みを実現しています。

画像を拡大する

また、アドフォーマットや業種、ターゲットセグメント等、さまざまな要因によって変動する広告効果を、大量のアンケートデータからパターン別のインパクト係数を導出することでリーチ指標だけでなく認知や意向といった態度変容指標での予算配分最適化も実現しています。

プランニングだけで終わらないPDCAソリューション

認知や好意といったKPIを最大化するシミュレーションプランをご提案するだけでなく、実際に広告配信を実施いただいた際の効果検証データを取得することで、次回施策実施時の最適配分を導出するソリューションを提供しており、キャンペーンを通して得られたラーニングを次回施策の打ち手に繋げるPDCAサイクルを実現しています。

画像を拡大する

デジタル広告に関するご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。

資料ダウンロード

電通デジタルが提供するホワイトペーパーや調査資料をダウンロードいただけます

メールマガジン登録

電通デジタルのセミナー開催情報、最新ソリューション情報をお届けします

お問い合わせ

電通デジタルへの各種お問い合わせはこちらからどうぞ