- クッキーを取り巻く2つの潮流 -
最新事例から学ぶデータプライバシー戦略

- クッキーを取り巻く2つの潮流 - 最新事例から学ぶデータプライバシー戦略

開催概要

マーケティングを推進するために顧客データの活用は不可欠になりつつあります。一方で、顧客データを獲得するためにこれまで利用されていた3rd パーティクッキーの廃止など、個人情報保護の観点での制約が大きくなっています。

海外では既にGDPR(EU一般データ保護規則)・CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)など法による個人情報管理の厳格化が進んでいますが、日本においても2021年8月に個人情報保護委員会より「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」が公表され、2022年4月1日より「令和2年改正個人情報保護法」の施行を控えています。

こうした中、貴社のマーケティングデータ基盤や個人情報が取得されるコンタクトポイントの法対応整備は進んでいますでしょうか?

本セミナーでは「改正個人情報保護法」の概要を解説するとともに、マーケティングに関わるデータ管理・活用戦略についてご紹介いたします。

日時

2021年09月16日(木)14:00~15:00

会場

オンライン

  • ※当日の参加URLはWEBセミナー当日までにメールにてお知らせいたします

  • ※セキュリティ改修後の最新のZoomを使用し、安全に配慮したセミナー運営をいたします

  • ※ご視聴の環境により、Zoomセミナーのご視聴ができない可能性がございます
    その場合、申込完了後のメールに記載しているメールアドレスまでご連絡ください

対象者

  • 顧客データのマーケティング運用者・運用責任者
  • 顧客基盤システム担当者・責任者

参加費

無料(事前登録制 登録締切 : 2021年9月13日(月)17:30)

アジェンダ

  • 第1部「改正個人情報保護法への備え」
    改正個人情報保護法の施行が迫る中、マーケターとして知っておくべきこと、準備すべきこと、それらへの対応策についてご紹介します。

  • 第2部「規制に準拠しCXを高めるマーケティング基盤構築」
    規制対応とCX向上を実行するマーケティング基盤に必要な要素を、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)を提供するTealiumよりご紹介します。

注意事項

競合他社やパートナー企業、個人の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
申込者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください。
プログラム内容は変更となる場合がございます。

登壇者

  • Tealium Japan株式会社
    Head of Partnerships Japan
    菅原 健三 Kenzo Sugawara

    株式会社アイ・エム・ジェイ (現 Accenture)、SAP株式会社にて、データ活用による企業の業務プロセス改善、マーケティング戦略の支援に従事。
    2013年より日本オラクル株式会社にて、営業部 部長としてマーケティングクラウド事業の立ち上げ。現在はTealium Japanにてパートナービジネスをリードし企業のCDP活用を支援する。

  • 株式会社電通デジタル
    李 尚傑 Takashi Lee

    エージェンシー、事業会社、コンサルと様々なポジションでマーケティング業務を経験し、2021年3月からシニアマーケティングプランナー/プロデューサーとして電通デジタルにてマーケティング支援に従事。
    手段提供をゴールとしない本質的なマーケティング支援を探求中。

お申し込み

お申し込みは終了しました