既存事業変革エグゼクティブセミナー 第1回
ビジネス変革に「クリエーティビティ」はどう機能するのか
~実践事例のプロセスを振り返る~

既存事業変革エグゼクティブセミナー 第1回 ビジネス変革に「クリエーティビティ」はどう機能するのか ~実践事例のプロセスを振り返る~

開催概要

ある意味では新規事業創出より難しいともいえる既存事業の変革。成功を積み重ね、保守的になってしまった商品・サービス、そしてそれを実現するためのバリューチェーン全体をどのように見直していくのか。電通、電通デジタルではクリエーティブを担うデザイナーが既存事業の変革プロジェクトに携わってきました。今回のセミナーでは、これまで多くの支援実績を持つトップクリエイターによる変革サポートのプロセスを具体的な事例で振り返ります。

<プログラム>

  • 「既存事業の変革」をとりまく環境変化のおさらい
  • デザイナーが「変革プロジェクト」に携わるきっかけ
  • 具体事例のご紹介
  • デザイナーならではの持ち得る「視点」
  • 既存事業を変革する「プロセス」とは
  • 異業種チームビルディングの秘訣
  • デジタル時代ならではのビジネス変革の可能性

日時

2021年7月20日(火)16:00~17:30

会場

オンライン

  • ※当日の参加URLはWEBセミナー当日までにメールにてお知らせいたします

  • ※セキュリティ改修後の最新のZoomを使用し、安全に配慮したセミナー運営をいたします

  • ※ご視聴の環境により、Zoomセミナーのご視聴ができない可能性がございます
    その場合、申込完了後のメールに記載しているメールアドレスまでご連絡ください

対象者

  • 経営者、役員の方々
  • 既存事業の変革を任されている部長クラスの方々

参加費

無料(事前登録制 登録締切 : 2021年7月19日(月)9:00)

注意事項

競合他社やパートナー企業、個人の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
申込者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください。
プログラム内容は変更となる場合がございます。

登壇者

  • 株式会社電通
    zero
    クリエーティブ・ディレクター/アート・ディレクター
    八木 義博

    Driven by Designで企業ブランディングやビジネスデザイン支援、広告キャンペーンなど、幅広いクリエーティブを展開。
    主な仕事に、JR 東日本「行くぜ、東北。」、HONDA「Human! FIT」、江崎グリコ「Pocky THE GIFT」、メニコン 「Magic-1 day Menicon Flat Pack」、Panasonic 「LIFE IS ELECTRIC」、日本郵政グループ企業広告、アド・ミュージアム東京など。
    受賞に、Cannes Design Lions グランプリ、CLIO Design グランプリ、ONE SHOW Design グランプリ、D&AD Collaborative pencil、Yellow Pencils×6、ACCグランプリ、佐治敬三賞、JAGDA新人賞など。
    東京アートディレクターズクラブ会員 京都芸術大学 客員教授

  • 株式会社電通デジタル
    ビジネストランスフォーメーション部門 部門長
    安田 裕美子

    電通入社後、ビジネスプロデュース部門を経て新設のデジタル組織にてマーケティングの高度化を推進。その後電通デジタル設立に参画。デジタルトランスフォーメーション領域の企業コンサルティングを手掛けるほか、事業のサービス化=サービスマーケティング領域において新規事業の開発、ビジネルモデル変革支援、顧客接点の構築、施策マネジメント等に従事している。

  • 株式会社電通デジタル
    サービスイノベーション事業部 事業部長
    加形 拓也

    電通入社後、人事局を経て、マーケティングセクションへ。国内外の事業、商品開発、マーケティングプロジェクトを担当。電通デジタルへの出向後は、未来のまち、ライフスタイル、テクノロジー起点の立体的な事業、サービス開発をサポートするサービスデザインチームを率いる。サービスデザインとまちづくりが融合する時代を見据え、複数の自治体顧問や東大工学部でのまちづくり研究にも携わっている。その他に、東京大学×電通デジタル共創イノベーションラボ主任研究員/茨城県小美玉市シビックDXディレクター。著書・寄稿に、 『テクノロジーロードマップ マーケティング・流通編』(日経BP社) 『地域と一緒に長く歩む クリエイターの関わり方』(宣伝会議)

お申し込み

お申し込みは終了しました