マーケティングテクノロジー導入時に必ずやるべき〇〇とは?
~落とし穴から学ぶ、遠回りしないデジマ戦略の描き方~

マーケティングテクノロジー導入時に必ずやるべき〇〇とは?~落とし穴から学ぶ、遠回りしないデジマ戦略の描き方~

開催概要

デジマ戦略を立てるうえで、マーケティングテクノロジーの活用は切り離せません。

デジマ戦略は描く範囲が拡大しており、一方のCDP(カスタマーデータプラットフォーム)やAI(人工知能)、MA(マーケティングオートメーション)などのマーケティングテクノロジーもひとつひとつのツールで出来ることが広がっていることもあり、ますます合わせて検討する必要性が高まっています。そのような状況の中、電通デジタルに寄せられる相談内容として、次のようなことが増えています。

  • デジマ戦略を描き、施策もスタートしているが成果が感じられない
  • 施策を実行しようとしたとき、データが足りず満足のいく施策にならなかった
  • 新しい施策が今のツールでは実現できず、毎回新しいツール選定を行ってしまう
  • 導入ツールが林立してしまい、さらに機能も重複しているので整理したい

マーケティングテクノロジーを導入する際には、このような相談に繋がってしまういくつかの落とし穴があり、場合によっては一度策定したデジマ戦略を描き直すことになります。

電通デジタルでは、たくさんのクライアント様のデジマ戦略策定やマーケティングテクノロジー導入をご支援してきた経験から、落とし穴にはまらないためのオリジナルのフレームワークを作成しています。本セミナーでは、そちらをご紹介しながら具体的に何をやるべきかをお伝えします。

日時

2021年6月25日(金)15:00~15:40

会場

オンライン

※当日の参加URLはウェビナー当日までにメールにてお知らせいたします
※セキュリティ改修後の最新のZoomを使用し、安全に配慮したウェビナー運営をいたします
※ご視聴の環境により、Zoomウェビナーのご視聴ができない可能性がございます
 その場合、申込完了後のメールに記載しているメールアドレスまでご連絡ください

対象者

  • デジタルマーケティングのご担当者様
  • 中小企業の経営者様

参加費

無料(事前登録制 登録締切 : 2021年6月21日(月)17:30)

注意事項

競合他社やパートナー企業、個人の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
プログラム内容は変更となる場合がございます。

登壇者

  • 株式会社電通デジタル
    デジタルストラテジー事業部
    グループマネージャー
    一柳 寿一 Toshikazu Ichiyanagi

    Webマーケティング会社にて、eCRM戦略立案からWebサイト制作、運用に従事。電通デジタルに参画後、DMP・MA(マーケティングオートメーション)を活用したリードナーチャリングからCRMを含めた総合的なコミュニケーション戦略立案業務に従事。現在は、デジタルマーケティング構想策定から施策設計、実行するために必要な業務設計、アーキテクチャ設計、必要ツール選定、システム開発プロジェクトまで一貫したコンサルティングを行う。

お申し込み

お申し込みは終了しました