次世代を勝ち抜く新規ビジネスの創り方とは?
- リテール金融ビジネスの新規ビジネス開発を支援する統合DXソリューション -

次世代を勝ち抜く新規ビジネスの創り方とは? - リテール金融ビジネスの新規ビジネス開発を支援する統合DXソリューション -

開催概要

電通デジタルのリテール金融ビジネスの事業成長を支援する統合DXソリューションをウェビナー形式で全4回で紹介致します。

第4回目となる今回は、若年層にフォーカスして次世代型ビジネスを創出するソリューションや既存ビジネスの課題を顧客起点のアジャイル手法で改善し通常より良い結果を出すアジャイル型CXソリューション、自社顧客データを活用した新規ビジネス開発ソリューションの3つの異なる切り口にて新規ビジネスを開発するソリューションをご紹介します。

日時

2021年4月27日(火)11:00~12:30

会場

オンライン

※当日の参加URLはウェビナー当日までにメールにてお知らせいたします
※セキュリティ改修後の最新のZoomを使用し、安全に配慮したウェビナー運営をいたします
※ご視聴の環境により、Zoomウェビナーのご視聴ができない可能性がございます
 その場合、申込完了後のメールに記載しているメールアドレスまでご連絡くださいませ

対象者

  • 金融機関で事業改革や改善をご担当されている方
  • 金融機関でマーケティングや広告宣伝を担当されている方

参加費

無料(事前登録制 登録締切 : 2021年4月22日(木)17:30)

アジェンダ

  • 【第1部】次世代インサイトから着想を得るサービス創出ソリューション YNGpot.
  • 【第2部】プロトタイプで顧客の反応を取り入れ最短で結果をだすアジャイル型CXコンサルティング
  • 【第3部】1st Party Dataを収益に変える データマネタイズ事業コンサルティング

注意事項

競合他社やパートナー企業、個人の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
プログラム内容は変更となる場合がございます。

登壇者

  • 株式会社電通デジタル
    ビジネストランスフォーメーション部門サービスマーケティング事業部
    コンサルタント/YNGpot.リーダー
    佐々木 駿

    2015年電通入社後マーケティング局を経て、電通デジタルに出向。入社以来データ×インサイトを軸としたコミュニケーション戦略や事業戦略立案、PDCA基盤の構築に携わり、飲料、金融、通信、家電、ライフスタイルアプリ等、幅広い業界を経験。2019年、デジタルネイティブの消費意識や価値観を紐解き、クライアントの事業課題解決やマーケティングプロセス変革へと昇華させる専門チーム「YNGpot.」を組成し、リーダーを務める。YNGpot.としてMarkezineセミナー登壇やITmedia記事寄稿などにも従事。

  • 株式会社電通デジタル
    ビジネストランスフォーメーション部門
    部門長補佐
    髙山 隼佑

    2007年より電通イーマーケティングワン(現電通デジタル)入社。12年から電通へ出向。15年に帰任し現職。広告からCRM、リサーチ、分析、サイト制作、GoogleやSFDC、LINEなどデジマツール導入などデジマ領域を幅広く行った経験をもとに現在はDX組織立ち上げ推進、コンサルを中心に、デジタルを活用した統合的なマーケティング戦略、戦術を策定、実施、検証までをワンストップで行う。アドテック東京2017スピーカー登壇、日経Xtrend寄稿、社内のマーケティング講師など

  • 株式会社電通デジタル
    ビジネストランスフォーメーション部門サービスプロセスデザイン事業部
    事業部長
    清水 彩子

    電通マーケティング・プロモーション局、電通イーマーケティングワン(現電通デジタル)を経て現職。自動車業界や金融・不動産などの耐久消費財を中心に、顧客接点の改革を起点とした企業のデジタルシフト支援に従事。会員獲得などの新サービス立ち上げ支援、デジタルデータ、ツールを活用した組織、業務プロセスの再設計などを手掛ける。
    著書:「デジタルマーケティング 成功に導く10の定石 」
    定石8:営業効率向上のためにマーケティングオートメーション導入から始める

お申し込み

お申し込みは終了しました