プレスリリース

日本のデジタル人材育成に向け複数の大学にてDX講座をスタート

-早稲田大学・大阪大学・神戸大学にて先端的事例を用いた講義-

2022.03.24

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、2022年4月より早稲田大学、大阪大学、神戸大学の3大学において「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)」をテーマとした寄附講座を開設します。

社会を取り巻く環境の複雑性が増し、将来の予測が困難な状況となる"VUCA時代"において、新型コロナウイルス感染症の影響も相まって、未来を担う若者は今後ますます社会の変化への対応力が求められています。特に、IT技術の急速な進化による市場ニーズの拡大や生活者の価値観の多様化は著しく、DX人材の重要性はこれまで以上に増していると言えるでしょう。

電通デジタルは、最新のデータテクノロジーへの高い専門性と知見のもと、多くのクライアント企業の事業課題に対し、深い顧客理解を基点としたDX支援を行っています。DXを単なるデジタル化として捉えず、クライアント企業のビジネスにイノベーションをもたらすことで、その先にいる生活者へより良い体験・価値を提供してまいりました。この度の講座開設は、こうした電通デジタルが持つ知見やナレッジを活用し、国内のDX人材を創造・育成することで、日本社会全体を活性化することを目的としています。

講座では、電通デジタルの最前線で活躍する社員を講師に、DXに関する座学のみならず、当社が推進してきたプロジェクト事例を交え、最新のトレンドや手法について学んでいきます。さらに当社が支援を行うクライアント企業、及びパートナー企業の担当者にも登壇いただき、実際のビジネスの場での実践例や課題を紹介します。これらの講義を通し、デジタル登場以後のマーケティング理論の体系化を試み、未来の社会を担うDX人材を創造・育成します。

大学寄附講座「実践 顧客基点のデジタルトランスフォーメーション」について

大学名 学部 開講時期(予定)
早稲田大学 商学部 2022年4月8日~7月22日(全15回)
大阪大学 経済学部 2022年4月15日~7月29日(全15回)
神戸大学※ 経営学部 2022年10月5日~2023年2月8日(全15回)

※神戸大学は寄附講義として実施

電通デジタルは今後も、クライアント企業の事業成長パートナーとしてDX支援を推進していくとともに、デジタルと共にある豊かな未来の実現を目指し、未来のDX人材の育成にも積極的に取り組んでまいります。

以上

このリリースに関するお問い合わせはこちら

資料ダウンロード

電通デジタルが提供するホワイトペーパーや調査資料をダウンロードいただけます

メールマガジン登録

電通デジタルのセミナー開催情報、最新ソリューション情報をお届けします

お問い合わせ

電通デジタルへの各種お問い合わせはこちらからどうぞ