プレスリリース

次世代型新オフィス「汐留PORT」をスタート

-リアルとリモートを融合させる新しい働き方「Performance Based Working」を提唱-

2022.04.07

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、目指す働き方「Performance Based Working」の実現に向けて、新オフィス「汐留PORT」の稼働を開始しました。約2200名の社員がより柔軟で最適な働き方へと進化することで、あらゆる企業の成長に寄り添い、社会全体の進化に貢献いたします。

汐留PORT エントランス
画像を拡大する

電通デジタルでは、キャリアや働き方に対する多様な価値観の台頭を受け、新しい働き方を検討するため2018年から「ワークスタイル開発プロジェクト」を発足・推進してきました。2019年にはリモートワークを試験導入しており、コロナ禍への対応においてはリモートワークを基本とする業務体制へスムーズに移行しています。2020年には、「組織パフォーマンスを最大化し、最短距離で目的を達成する働き方」を目指すことと決め、その働き方を「Performance Based Working」と名付けて新しいワークスタイルへの挑戦を続けています。

その取り組みの中で、ワークプレイスについては、選択肢を拡充することでパフォーマンスが高まると考え、全社員について在宅勤務を含めたリモートワークを認め、利用可能なシェアオフィスは800ヶ所を超えています(2022年4月現在)。一方で、リモートワークが定着したことによって、リアルコミュニケーションの場としての「オフィス」の重要性や希少性を再認識し、そのリニューアルに着手しました。

コンセプトを「Real empowers us. リアルな世界が、私たちを強くする。」と設定し、「オフィス」ですべきことは何かということを議論。五感を刺激する、熱量を伝える、勢いを感じ取る、といったリアルならではの体験を通じた新たな価値創造の場となるように、空間デザインを一新しました。

オフィスリニューアル概要

今回のオフィスリニューアルにおいて、新オフィスに実装した機能は、主に下記の3点です。

【チームホーム】~観察~

そこに行けば、同じ部署の誰かがいて、会話や議論を「観る」ことで、経験則やハイコンテクストな情報が共有される場を目指しました。また同じ空間を共有しているからこそ、気軽な声かけや相談もしやすく、新入社員や中途入社社員のトレーニングも促進します。

画像を拡大する

【ハックルーム】~合宿~

スピード感のある提案を達成するために、チームでまとまって作業ができるスペース。チームの規模や期間も案件に応じて自由に、可動式のテーブルとイスでレイアウト調整が可能です。ホワイトボードに考えをまとめつつ、気軽に会話しながらチーム作業ができ、短期的に集中して協働することで、チームビルディングにも寄与します。

画像を拡大する

【ラウンジ】~雑談~

組織を横断したランダムな出会いの中で自然と発生する雑談を通して、コミュニケーションを促進します。カジュアルでアットホームな雰囲気の中で行われる自然な会話には、議論やアイデアの機会の創出を促し社員交流を闊達にします。

画像を拡大する

今後も電通デジタルは、「Performance Based Working」の実現を目指して新しい働き方への挑戦を続けるなど、社員が働きやすい環境の整備や、社員の成長や健康への支援に積極的に取り組み、クライアントの事業成長に貢献していきます。


【電通デジタルTopicsにて、オフィスリニューアルに関するコラム記事を本日公開】
『目指すワークスタイル「Performance Based Working」を体現した、電通デジタルの新オフィス』
URL:https://dd.dentsudigital.co.jp/topics/2022/0407-001271/

以上

このリリースに関するお問い合わせはこちら

資料ダウンロード

電通デジタルが提供するホワイトペーパーや調査資料をダウンロードいただけます

メールマガジン登録

電通デジタルのセミナー開催情報、最新ソリューション情報をお届けします

お問い合わせ

電通デジタルへの各種お問い合わせはこちらからどうぞ