マーケティング
オートメーションツール
導入実績多数
電通デジタル

マーケティングオートメーションツールの
導入パートナーをお探しの方は
お気軽にお問い合わせください。

マーケティングオートメーションツール
導入パートナーを選ぶ際、何を気にされますか?

1

どのような支援をしてもらえるのか?

マーケティングオートメーションツールを導入する際、大きく下記の4ステップに分けて進めます。
すべてのステップ、または必要に応じて一部でもお手伝いさせていただきます。

STEP1 戦略策定STEP1 戦略策定

ターゲットの明確化、ターゲットの購買プロセスの可視化、それに伴ったコンテンツの
整理・拡充を行う。

STEP2 シナリオ策定STEP2 シナリオ策定

ターゲット、購買プロセス、コンテンツを元に育成シナリオを策定する。

【シナリオによるリード育成・スコアリングイメージ】

「資料ダウンロード」または「合計スコア5点以上」で
Hot層向けメールを送付

5点未満はリサイクル対象として
通常メールを送付

STEP3 実装支援STEP3 実装支援

ツールを使用する上で必要な設定やデータベース、他のツールとの連携などを行う。

ツール設定

サイトのカスタマイズ

データの取り込み

他ツール連携

STEP4 運用支援STEP4 運用支援

運用体制の構築から実際のメール配信、見直しとその設定、レポートまでを行う。

運用体制の構築

- 設定仕様書の作成
設定をする上で必要な内容をまとめたテンプレートを作成
- ガイドラインの作成
運用ルールやマニュアル、体制などをまとめたドキュメントを作成

実施作業

- メール配信・フォーム制作
メール配信の代行や個人情報の取得に必要なフォームの制作
- 見直し
メールやランディングページのコピー・ビジュアルの見直しやシナリオ・スコアのコンテンツやタイミングの改善を図る

改善レポート

- 定期レポート
週や月で定点的に数値を確認し、改善ポイントがないか把握するレポート
- 深堀レポート
定期レポートで見つけられたボトルネックに対して深堀分析を行い、改善施策を思案するレポート

【支援範囲】
お客様のリソースや予算状況をお伺いしてご支援する範囲、期間を調整いたします。

2

電通デジタルは実績がある会社なのか?

電通デジタルではマーケティングオートメーションの概念をいち早く取り入れ、幅広い業界での多くのお客様にサービスを提供してきました。
マーケティングオートメーションツールの導入実績も数多くあり、特に“Marketo”の導入実績はNo.1です。2015年にはマーケティングオートメーションを始める上でのノウハウをまとめた書籍「マーケティングオートメーション入門」を出版しました。

Marketoを始めとしたマーケティングオートメーションツール導入実践多数

多数の業界で実績あり!!

ノウハウをまとめた書籍も出版

マーケティングオートメーション入門

マーケティングオートメーションの概要から活用TIPSまで

  • 第1章  デジタル時代のマーケターの苦悩
  • 第2章  マーケティングオートメーションとは?
  • 第3章  リードジェネレーション ~質を追求すべきか、量を追求すべきか~
  • 第4章  リードナーチャリングとリードクオリフィケーション
  • 第5章  営業担当者との連携
  • 第6章  マーケティングオートメーション導入の先進企業に学ぶ
  • 第7章  あなたの会社でも始めましょう

電通デジタルの導入サポート

【例1:戦略策定~実装支援】
今まで感覚的にターゲットを想定していたが営業部門や技術部門へのヒアリングや購買データを分析しペルソナを明確化。
ペルソナごとのカスタマージャーニーマップを作成し、既存コンテンツを整理した後、シナリオ策定、設定までをサポート。

  • ヒアリング 販売状況や販売プロセス、マーケティング状況を確認ヒアリング 販売状況や販売プロセス、マーケティング状況を確認
  • 購買データ分析 購買データより、ターゲットを見つけ出す購買データ分析 購買データより、ターゲットを見つけ出す
  • ペルソナ作成 ターゲットとなる人物像を設定ペルソナ作成 ターゲットとなる人物像を設定
  • カスタマージャーニーマップ作成 ターゲットの検討プロセスを可視化カスタマージャーニーマップ作成 ターゲットの検討プロセスを可視化
  • シナリオ設定 最適な検討プロセスに応じた戦略をマーケティング活動に反映シナリオ設定 最適な検討プロセスに応じた戦略をマーケティング活動に反映

【例2:実装支援~運用支援】
サイトをカスタマイズするのに煩雑なやり取りを制作会社と行う必要があったため、電通デジタルが間に入り、やり取りをサポート。
また、内部のリソース不足を補うため、実際にメールの制作から配信などの運用をサポート。
さらにA/Bテスト、メールの開封率、メール内リンクのクリック率からメールの改善、シナリオの見直しを実施。

実装支援
シナリオや分析の幅を広げるためシステムの連携を実施
運用支援
メールの制作・運用代行から改善まで

3

どれくらいの期間で導入できるのか?

3ヶ月後に展示会を控えており、すぐにでも運用を始めたい「すぐ導入パターン」とペルソナからじっくり作り上げる「じっくり導入パターン」など打ち合わせで状況をお聞かせ頂き、お客様にあったスケジュールを組ませていただきます。

【すぐ導入パターン(3ヶ月)】
例)3ヶ月後に展示会を控えておりすぐにでも運用を始めたい方

【じっくり導入パターン(6ヶ月)】
例)ターゲットの明確化から購買プロセスの整理など戦略ステップからじっくり導入を始めたい方

電通デジタルについて

デジタルマーケティングに関するサービスを包括的に提供することを目指し、2016年7月に設立。
デジタルマーケティングの全ての領域に対して「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の機能を持っています。

ご相談の方はこちらお電話はこちら

PAGE TOP