CASE STUDYCASE STUDYケーススタディ

電通デジタルの実績の一部をご紹介します。

不動産会社A社に対するクラウドベースの
マーケティングオートメーションソリューション
「Marketo」導入事例

不動産会社A社に対するクラウドベースのマーケティングオートメーションソリューション 「Marketo」導入事例不動産会社A社に対するクラウドベースのマーケティングオートメーションソリューション 「Marketo」導入事例

CUSTOMERS' PROBLEMSCUSTOMERS' PROBLEMS お客様の課題

不動産会社A社は、新規顧客獲得のためネット広告などのデジタルマーケティングに積極的に取り組む中、ウェブからの成約率が増加すると共に、反応の良い層にマーケティング資源を集約することによる、売れる部屋と売れない部屋の偏りが出ていました。

成約の平準化のため、ペルソナに合わせたウェブ広告の最適化を試みましたが、見込客の幅の広がりに合わせて、クラスタを1つ増やすごとに作業量と分析量はそのまま2倍に増え、人的負担は大きくなっていました。

マンションのように検討期間が長い商材の場合、見込み客にメール配信などを行ってフォローしていくことが重要になります。増える見込み客に対して、最適なタイミングで最適なメッセージを送ることができず、顧客獲得のチャンスを逃すこともありました。

OUR APPROACHOUR APPROACH 電通デジタルのアプローチ

お客様は課題を解消するため、マーケティングオートメーションツール「Marketo」の導入を検討されておりました。
特に、以下の3点がMarketoを選択する上で、大きなポイントとなりました。

  • 顧客一人ひとりに合わせた、最適なコミュニケーションの実現
  • アクションを素早く実行できるプラットフォーム
  • ドラッグ&ドロップの簡単操作

ACHIEVEMENTSACHIEVEMENTS 成果

クライアントの課題であった「人的負担の軽減」と「最適なタイミングでのメッセージ配信」を実現する運用体制の構築を2か月という短期間で実現したことに高い評価を頂きました。

PAGE TOP