2021年08月11日

アドバンストクリエーティブ

受賞/認定

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、国際的なAIコンペティションプラットフォーム「Kaggle(カグル)」の「Hungry Geese(ハングリー・ギース)」において、電通デジタルのクリエーティブチーム「アドバンストクリエーティブセンター」に所属するAIエンジニア石川隆一、村田秀樹を含むチームが875チーム中4位となり、金メダルを獲得しました。また、石川はこのメダル獲得によって「Kaggle Master」の称号を得ました。

「Kaggle」は、世界中のAIエンジニアが企業や政府機関の課題に対して機械学習を用いて解決する国際的なコンペティションプラットフォームで、オンライン上でさまざまな課題のコンペティションが開催されています。

本コンペティション「Hungry Geese」は、AIのガチョウを4チームで対戦させるゲームです。1チーム1匹ずつ計4匹のガチョウが、敵チームのガチョウにぶつからないように1ターン毎に上下左右のいずれかに1マスずつ動き、最大200ターンの中でより長く生存したガチョウが勝ちとなります。参加者はこのゲームをプレイするAIを開発して提出し、競技期間中、対戦チームを組み替えながら他の参加者のAIと対戦を続け、期間終了後の総合スコアで順位が確定します。

この「Hungry Geese」コンペティションにおいて、当社石川隆一、村田秀樹を含むチームは、強化学習やディープラーニングなどの技術を用い、作成したAIのガチョウ同士の対戦を何度も繰り返し学習させることで改善を続け、その高い精度によって4位という成績を収めました。また、本コンペティションの結果により石川は、コンペティションで金メダル1つおよび銀メダル2つを獲得すると取得できるKaggle Masterの称号を得ました。これにより、電通デジタルにおけるKaggle Masterは石川と村田の2名となります。

電通デジタルでは、機械学習を用いた広告クリエーティブの効果予測や自動生成等、効果的な広告コミュニケーションの実現に向けて取り組んでいます。今後もAI技術などを用いたクリエーティブの創造と新しいサービスの開発・提供を通し、広告主のデータマーケティングを支援してまいります。

以上