2020年06月11日

事業・サービス

デジテレMAXロゴ

デジテレMAXロゴ

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一)、株式会社電通(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)は、電通グループの統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」※1のテレビ視聴データと、adjust株式会社(本社:独・ベルリン 代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)のモバイルアプリ向けマーケティングプラットフォーム「Adjust」をリアルタイムにデータ連携することを開始します。これは、当社が今年3月に立ち上げた「デジテレMAX」プロジェクトの活動の一環で、同時に電通グループが持つ他のマーケティングデータとも連携することにより広告接触状況とモバイル上での行動変容の関連性が明確となり、より効果的なコミュニケーション施策を提案、展開できるようになります。

adjust株式会社は、日本で多くのトップパブリッシャーに導入されているモバイルアナリティクスツール「Adjust」を提供する世界最大級のモバイルアプリソリューション企業です。1つのプラットフォーム上で、広告効果を計測するためのアトリビューション計測から、インストール後のモバイルアプリ内での行動データを瞬時に集約し、分析することが可能です。企業の顧客接点基盤の一つとしてモバイルアプリの重要性が増す中、生活者の広告接触状況とモバイル上での行動の関連性をより精緻に分析し、キャンペーンのPDCAをスピーディに行う必要があります。

「Adjust」のプラットフォームと当社グループの「STADIA」のテレビ視聴データおよび「People Driven DMP®」を瞬時にデータ連携することで、生活者のデジタル広告やテレビ広告の接触状況とアプリの新規インストールや既存顧客の行動の関連性を分析できるようになります。コミュニケーションの「計画」「実行」「分析」「改善」までのPDCAサイクルをスピーディに行うことで、より効果の高いコミュニケーション施策を提案、展開できるようになります。

また、本ソリューションは、モバイルアプリ活用による企業の事業成長をワンストップでサポートするプロジェクト「App Growth Mall※2とも今後連携しながら、アプリ活用領域におけるマーケティング基盤としても進化を目指します。

デジテレMAXプロジェクトでは、今後も、デジタルとテレビのオンオフ統合ソリューションを開発、推進してまいります。

<「Adjust」と電通グループのオンオフ統合ソリューション連携の概要>

「Adjust」と電通グループのオンオフ統合ソリューション連携の概要

  • ※1:STADIAとは
    テレビをはじめとする"オフライン"メディアと、スマートフォンやPC上の"オンライン"メディアのデータを統合し、より効果的なマーケティングを実現させるオンオフ統合ソリューションです。2020年6月時点で約580万台のテレビの視聴ログデータと、約1,200万台のモバイル広告IDや約1.2億件のCookie IDのオーディエンスデータ規模を有しています。

  • ※2:App Growth Mallとは
    株式会社電通・株式会社電通デジタル・株式会社セプテーニによる、モバイルアプリのプロモーション、新規顧客獲得から既存顧客育成まで統合管理・PDCAを推進し、アプリ活用による事業の戦略立案までをワンストップでサポートする3社協働プロジェクト
    参考(2020年1月31日発表資料):
    https://www.dentsudigital.co.jp/release/2020/0131-000384/

<adjust株式会社 会社概要>
Adjustは、グローバルに展開するB2B SaaS企業です。Adjustのプラットフォームは、モバイル計測、不正防止、サイバーセキュリティ、そしてマーケティングオートメーションソリューションを提供しています。マーケティング活動をよりシンプルでスマート、さらに安全なものにすることで、データ主導のマーケターがアプリを構築できるよう支援します。世界中で35,000以上のアプリがAdjustのソリューションを実装してそのパフォーマンス向上を図っています。
公式ホームページ:https://www.adjust.com/ja

以上