電通デジタルのご紹介

  • 広大な事業領域とネットワークを武器に成長できる環境がここにはある

3つのデジタルサービスでクライアントの事業成長を導く

電通デジタルは、2016年7月に設立した総合デジタルマーケティングカンパニーです。「次世代デジタルマーケティングの推進」、「ITプラットフォームやデータ基盤の構築」、「DXコンサルティング」の3つの事業を重点強化し、それらを統合したサービスの幅の広さは業界でもトップクラスと自負しています。

私たちの使命は「クライアントの事業成長パートナー」であること。最先端のデジタル知見や社内外の強力なネットワークを活かして、クライアントの課題を解決し事業を成長へと導きます。クライアントから最も頼られるデジタル・パートナー集団となることを目指して日々邁進しています。

異なる強みを持った専門家集団が高みを目指す

設立当初は700人だった社員数は、5年で1500人に倍増し、売上と利益も同様に成長しています。社員の平均年齢は32歳と若く、チャレンジ精神あふれる会社です。加えて、電通が長年培ってきたクライアントやメディア、デジタルプラットフォーマーとの信頼を糧に、大きなビジネスを展開しています。

社内は風通しが良く活気あふれる雰囲気で、社員と役員の距離が近いのが特長です。何か課題があれば、社員は役員に直接提言することができますし、それに対して会社としてすぐに改善していく風土があります。

社員の4割は中途入社社員、残りは新卒入社社員や設立前からのメンバー、電通やグループ会社からの出向者で構成されています。コンサルティングファーム、SIer、ベンチャー、事業会社、EC運営会社、広告代理店など、中途入社社員の出自は様々です。異なる強みを持った仲間たちが集い、お互いに教え合い高め合っていく。こうした多様性が電通デジタルの強さの源泉となっています。

パフォーマンスを最大化させるべく、自由で効率的な働き方を推進

働きがいと同時に、働き方やワークライフバランスにも本気で取り組んでいます。リモートワークを基本とした働き方を以前より検討しており、2020年の新型コロナウイルス感染症の影響下では、全社導入も速やかに進み、現在では自由で効率的な働き方を実践しています。必要に応じてオフィスへ出社してFace to Face の関係づくりやアイデア出しを行うことができますし、シェアオフィスを活用して集中することも可能です。社員一人ひとりのパフォーマンスが最大限発揮できる環境づくりに取り組んでいます。

電通デジタルの事業領域の広さは、他社にはない最大の強みであり、ここではデジタルマーケティングのあらゆるノウハウを学ぶことができます。自ら手を挙げれば何でも挑戦できますし、携われる仕事の範囲がどんどん広がります。そのような環境の中で中途入社社員の皆さんは、ご自身が持っているケイパビリティをさらに深め、スキルやキャリアを広げることができます。また、国内外145ヵ国、6万6000人の電通グループの仲間たちと切磋琢磨して仕事をすることで、視野が広がり能力を最大限に引き出すことができるでしょう。必ずや成長できる環境が整っていますので、ぜひ仕事を楽しみながら自身の市場価値を高めていってほしいと思います。

私たちの仕事は、日常の不便・不満・不安をデジタルの力で解決し、社会を良くしていくことです。変化のスピードが早く時に困難な課題もありますが、影響力ややりがいは非常に大きい仕事です。ぜひ私たちと一緒にデジタルの力で社会を変え、ワクワクする未来を創っていきましょう!