2021年06月04日

セミナー/登壇

デジマ戦略を立てるうえで、マーケティングテクノロジーの活用は切り離せません。

デジマ戦略は描く範囲が拡大しており、一方のCDP(カスタマーデータプラットフォーム)やAI(人工知能)、MA(マーケティングオートメーション)などのマーケティングテクノロジーもひとつひとつのツールで出来ることが広がっていることもあり、ますます合わせて検討する必要性が高まっています。そのような状況の中、電通デジタルに寄せられる相談内容として、次のようなことが増えています。

  • デジマ戦略を描き、施策もスタートしているが成果が感じられない

  • 施策を実行しようとしたとき、データが足りず満足のいく施策にならなかった

  • 新しい施策が今のツールでは実現できず、毎回新しいツール選定を行ってしまう

  • 導入ツールが林立してしまい、さらに機能も重複しているので整理したい

マーケティングテクノロジーを導入する際には、このような相談に繋がってしまういくつかの落とし穴があり、場合によっては一度策定したデジマ戦略を描き直すことになります。

電通デジタルでは、たくさんのクライアント様のデジマ戦略策定やマーケティングテクノロジー導入をご支援してきた経験から、落とし穴にはまらないためのオリジナルのフレームワークを作成しています。本セミナーでは、そちらをご紹介しながら具体的に何をやるべきかをお伝えします。

日時

2021年6月25日(金)15:00~15:40

※登録締切 : 2021年6月21日(月)17:30

申し込みURL