2021年01月25日

コマース

メディア掲載

電通デジタルは、働き方のテーマを「Performance Based Working」として掲げ、社員が働きやすく、組織パフォーマンスを最大化させる環境づくりに取り組んでいます。
その一環としてリモートワークも手段の1つであり、現在は新型コロナウイルス感染症対策として、約1500名の全社員がリモートワークを基本とした業務を行っています。

このたび、当社が契約している法人向けの郊外型テレワークオフィスを展開する「SoloTime」のWebサイトに、コーポレート部門・総務部、事業部長の飯野将志のインタビュー記事「株式会社電通デジタルが、SoloTimeを利用する理由」が掲載されました。
「SoloTime」の活用を通して得られた働き方への効果やワークライフバランス、そして電通デジタルが目指すこれからの働き方について述べています。

株式会社電通デジタルが、SoloTimeを利用する理由