未来のサービスデザインは公共と融合するPersonal×Public Designへ
~オースティンSXSW2019&米国パブリックサービスデザイン事例を話の起点にする共有会~ 開催のお知らせ

株式会社電通デジタル

世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト) 2019」が、2019年3月8日から3月17日まで米国テキサス州オースティンにて開催されました。電通デジタルでは、東京大学先端科学技術研究センターとの共同組織「共創イノベーションラボ」から2人の研究員がイベントに登壇し、他の登壇者らと交流を得ました。
セミナーでは、SXSWで感じた新たな潮流と事例や、研究員が開催期間中に実施したSXSWの事務局幹部・オースティン行政関係者へのインタビュー、シカゴ・サンフランシスコでのストリートサービス視察結果をご紹介し、未来のサービスデザインと公共のデザインの融合点について探ります。

<講演日時>

2019年4月8日(月) 18:30-21:00(開場18:10)

<会場>

シティラボ東京(東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン6F 東京メトロ京橋駅直結)

<登壇者>

近藤早映

近藤早映

東京大学大学院工学系研究科 特任助教 / 東大×電通デジタル 共創イノベーションラボ主任研究員

JR東海コンサルタンツ建築設計部、東京大学大学院工学研究科学術支援専門職員を経て現職。1級建築士。
代表設計作品は愛知万博JR東海リニア館、近年はまちづくりの一環として市民参加型の空き家リノベーションや交流施設の設計を手掛ける。
専門は、市民協働や交流の拠点づくり、参加と協働、ガバナンス論。

加形拓也

加形拓也

電通デジタル サービスデザインマネジャー / 東大×電通デジタル 共創イノベーションラボ主任研究員

電通入社後、2016年より現職。経験業界は酒類・飲料、不動産、保険、化学メーカー、プロスポーツ団体、IT、NPOなど幅広い。
マーケターとしての豊富な作業経験、クライアントへの常駐経験から、組織の内側に入り込み、ワークショップ形式で社内組織をまとめあげていく手法を得意とする。電通デジタルでの専門は、ワークショップを交えた商品・サービス開発。

八木薫郎

八木薫郎

電通デジタル サービスデザイナー / 東大×電通デジタル 共創イノベーションラボ研究員

電通入社後より現職。入社当初からサービスデザイナーとして食品メーカー・化学メーカー・IT・自動車メーカーなど様々な業界において 新商品や新事業開発に従事。ミクロ・マクロ両方からの未来予測をベースとしたアイディア創出・プロトタイピングを得意とする。
電通デジタルでの専門は、新商品/新事業/プロダクト開発。

<定員>

30名

<対象者>

・新規事業開発に携わる方
・シェアリングなど、新たな事業モデルを使ったサービス開発を行い、自社を変革させていきたい方
・プロダクト発想からサービス発想で自社商品を変えていきたい方

<参加費>

無料(事前登録制)


ご興味をお持ちいただけるようでしたら、下記URLより是非お申込みください。

https://dxsalonsxsw.peatix.com/

PAGE TOP