メディア掲載(日経クロストレンド)

株式会社電通デジタル

「日経クロストレンド」にて、執行役員/アドバンストクリエーティブセンター 部門長 並河 進の「日経クロストレンド FORUM 2018」での講演「データ・AIとクリエーティビティをどう掛け合わせるか?」に関するレポート記事が掲載されました。

人とAIの協働によるクリエーティビティの進化の可能性や、AIを活用したバナーの自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER(アドバンストクリエーティブメーカー)」(β版)について紹介されています。

https://trend.nikkeibp.co.jp/info/09/00017/

並河 進

並河 進

株式会社電通デジタル 執行役員/アドバンストクリエーティブセンター 部門長/エグゼクティブクリエーティブディレクター

電通総研フェロー。京都造形芸術大学客員教授。2018年度グッドデザイン賞審査委員。
2017年4月電通デジタル内に、AI・データと人間のクリエーティビティの融合を目指す、「アドバンストクリエーティブセンター」を立ち上げる。
著書に、『Social Design 社会をちょっとよくするプロジェクトのつくりかた』(木楽舎)他多数。
TEDxTokyo Teachers 2015スピーカー。東京コピーライターズクラブ会員。

PAGE TOP