MAのポテンシャルを引き出すためにやるべき3大ポイント

マーケティングオートメーション(MA)を導入してみたが思うような効果が上がらない、など運用に不安を感じている方に向けて、MAのポテンシャルを最大限引き出すためのポイントを解説します。

株式会社電通デジタル

MA_logo.png

 マーケティングオートメーション(以下 : MA)が日本に上陸したのが2014年後半。それから各企業において導入が加速度的に進行しています。オートメーションの名のもと、業務が効率化し、今までおろそかにしていたリードナーチャリング(育成)をシステムでカバーできるとあって、強い課題感を抱いていたマーケティング担当者を中心に導入が進みました。

 ただ、今ここにきて運用における"大きな壁"を感じているという声を聞く機会が増えています。その大きな壁の例として、「MAを入れてみたが効率的な運用方法が分からない」「シナリオの設計ができない」、または「想定していたような効果が上がらない」など、MAを活用するためのルールや設計に関する課題が多く見受けられます。

 このホワイトペーパーでは、MA運用において課題を感じている方や、今後導入する上で運用に不安をお持ちの方に向けて、MAのポテンシャルを最大限引き出すための3大ポイントを挙げて、それぞれについて解説していきます。

我々が日々MAの導入・運用のお手伝いをさせて頂いている中で感じるMAのポテンシャルを引き出すための3大ポイントは、

MA_point.png

です。これより、それぞれについての詳細と、シナリオ・コンテンツ・マーケティングファネルを作成する際のチェックポイントを説明していきます。

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

  • MAが異なるメール配信機能と化している
  • 高い費用をかけて導入したのに、売上に貢献していない
  • どのようなコンテンツを作ればいいのかわからない
  • 創出したリストを営業や販売代理店に渡してもフィードバックをもらえない

PAGE TOP