デジタルPoCがもたらした功罪
個別最適を解決するためのマーケティング基盤構想の秘訣を教えます

デジタルPoCがもたらした功罪 - 個別最適を解決するためのマーケティング基盤構想の秘訣を教えます -

開催概要

昨今、コロナ禍の影響も伴い各業界でのマーケティングの流れもデジタル化、DX化が急速に進んでいます。

しかし、世間のデジタル化の流れの対応としてシステム導入を急いだ結果、社内に同様の機能を有したマーケティングツールを抱えてしまったり、ビジネス部門の要件整理が不十分で機能不足のまま導入してしまったなどの実態があります。具体的には、「運用コストが削減できずに困っている」、「導入効果が十分に得られていない」というお悩みを多くお聞きしています。

本セミナーでは、その様なお悩みを持つお客様向けに、電通デジタルの様々なマーケティング基盤の導入や運用の実施経験を元に、以下についてご紹介させて頂きます。

    【本セミナーの内容】
  • 導入効果を得るためにマーケティング基盤構想策定においておさえるべきポイント
  • IT要求整理を踏まえた、マーケティング基盤のあるべき姿の描き方

    【具体的には、こんなお客様向けのセミナーです】
  • マーケティング基盤を導入しているが、投資対効果を改善したい、 あるいは有効活用したいと感じている情報システム部の担当者

日時

2021年8月25日(水)13:00~13:40

会場

オンライン

  • ※当日の参加URLはWEBセミナー当日までにメールにてお知らせいたします

  • ※セキュリティ改修後の最新のZoomを使用し、安全に配慮したセミナー運営をいたします

  • ※ご視聴の環境により、Zoomセミナーのご視聴ができない可能性がございます
    その場合、申込完了後のメールに記載しているメールアドレスまでご連絡ください

対象者

  • 大企業、中堅企業の情報システム部、システム企画部の責任者またはご担当者様
  • ビジネス部門主導でマーケティングツールが複数導入されている企業の責任者またはご担当者様

参加費

無料(事前登録制 登録締切 : 2021年8月20日(金)17:30)

注意事項

競合他社やパートナー企業、個人の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
申込者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください。
プログラム内容は変更となる場合がございます。

登壇者

  • 株式会社電通デジタル
    デジタルインテグレーション事業部
    荘 一樹

    大手SIer、電機メーカー情報システム部を経て現職。
    電通デジタルではMA・CDP・CRMを中心にマーケティング基盤構築を推進。
    多様な立場でプロジェクトを推進してきた経験から、企業のIT構想策定・全体アーキテクチャ設計を強みとする。

お申し込み

お申し込みは終了しました