MFI解説 Part1 - 要点・質疑応答

Googleの「モバイルファーストインデックス」解説と、対策用ツール「MFIチェッカー」の紹介

  • SEO

第一回:MFIの仕様・注意事項・FAQ

Googleは検索システムの基幹である「インデックス」を、2018年3月以降「モバイルファーストインデックス」(以下“MFI”)に段階的に移行しています。
今回はMFIの要点を出典付きで解説するとともに、「どんな対策をする必要がある?」「対策を急ぐ必要はある?」「MFI対策しないと、デメリットはある?」などのFAQ(よくある質問)に回答いたします。

Google公式情報

2018年現在、Google公式メディアやGoogle検索関係者が発表している確定情報と、その解説です。

■MFIとは

Google検索の新システム「Mobile First Index」の略称。
Googleが検索順位の決定・検索結果画面での表示情報に利用する「インデックス」の作成に当たって、スマートフォン版のページの内容をPC版ページよりも優先して利用する。
検索順位への影響を最低限に抑えるため、一定条件を満たしたサイトから随時MFIに切り替えられる。

MFIとは(出典:電通デジタル)MFIとは(出典:電通デジタル)

進捗状況(2018年6月時点)

2018年3月に、正式実装を開始※1
2018年4月末の第二次ロールアウト以降、日本でも一部のウェブサイトがMFIへの移行を開始した※2

移行方法(2018年6月時点)

Google側でコンテンツ・マークアップ・リンクなど複数の条件から「移行しても問題ない」と判断したウェブサイトがMFIに移行される。
判定条件は公開されていないが、Googleは以下の点に配慮することを推奨している※3

①全ページ共通
スマートフォンでアクセスしたときに、以下の情報すべてを確認できる状態にする。
  • 1: PCでアクセスしたときには存在する、重要なコンテンツ
  • 2: PCでアクセスしたときには存在する、重要な内部リンク
  • 3: 構造化データ
  • 4: メタデータ(Title/description/altなど、一般ユーザーには見えない情報)
②別URL構成の場合
上記に加え、以下の5点にも注意する。
  • 1: PC/SP双方を「サーチコンソール」に登録する。
  • 2: PCからSPに「alternate」を、SPからPCに「Canonical」を設定する。
  • 3: PC/SP双方の「robots.txt」を確認する。
  • 4: 多言語ページでは、SPに「hreflang」を設定する。
  • 5: サーバの容量に注意する。

移行したウェブサイトには、GoogleサーチコンソールにGoogleからの通知が届く。

Googleサーチコンソールでの、MFI通知メッセージ例(出典:https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html)Googleサーチコンソールでの、MFI通知メッセージ例(出典:https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html)

ウェブサイト側から「MFIに移行してほしい」「MFIに移行しないでほしい」などの申請を行うことはできない。また、一度MFIに移行したサイトがPCインデックスに戻ることはない※4

■出典一覧

PAGE TOP