CASE CASE

デジタルマーケティングの
先進的な事例を作り上げる仕事です
CMSを用いた
マーケティング基盤の構築
データ/テクノロジー部門 プラットフォーム事業部土井 慶紀
コンテンツをパーソナライズ化する
ー 現在のお仕事内容について教えてください。
土井: サービス事業会社向けに導入するデジタルマーケティングを中心としたシステムの開発を担当しています。最近は自社サイトをオウンドメディアとして捉えるクライアントが増えており、コンテンツの充実化を目的としたサイト開発案件が多くなっています。私はその中でも、CMS(Contents Management System)の導入などに際してシステム構築を担当しています。
ー 扱っているCMSはどんなシステムですか?
土井: 案件によっていくつか選択肢はあるのですが、このプロジェクトではHeartCoreを利用しています。今回のクライアントは、ユーザ1人1人に合わせたきめ細かいコミュニケーションを望んでいることもあり、コンテンツのパーソナライズが柔軟に行えるシステムが適していたのです。
ー コンテンツのパーソナライズとは、どの程度のレベルを指すのでしょうか?
土井: 実際にはクライアントの要望に合わせて機能は変更していくのですが、わかりやすく言えばレコメンドシステムの発展形で、サイトに訪れたユーザーの行動や属性に合わせて表示するバナーや動画などの出し分けを自動的に行うものです。
ー それは、すごいですね。変更できるのは画像や動画だけなのでしょうか?
土井: 必要があれば、LPそのものを作り変えて表示させるといったことも技術的には可能です。もちろん、そのようなケースは滅多にあるわけではありませんが。
ー 本件ではWebサイトの課題解決にパーソナライズ化が必要だったということでしょうか?
土井: 課題の1つとして会員申し込みなどのコンバージョンを獲得したいというニーズがありましたので、リニューアルに際してユーザーに合わせてコンテンツを最適化していくという方針はありました。その方向性を基にマーケティングチームが導き出したパーソナライズという回答に対し、私たちが実際に開発して、A/Bテストなどで効果があるかを検証しています。
ー お仕事の中で大変なところなどはありますか?
土井: デジタルマーケティングは、クライアントにとって非常に重要な領域の1つになっており、求められるレベルもかなり高いと感じています。そうした分野でシステムを使ってどのような回答ができたのか、自分が提案したものが最適なソリューションとなっていたか、といったことを常に考え続けることは大変な部分もあります。
ー 今回のプロジェクトはシステム構築とのことですが、土井さんの仕事範囲をもう少し詳しく教えてください。
土井: 普段はシステムの要件定義など上流工程をメインに行っていますが、開発から保守までクライアントのご要望に合わせてさまざまな範囲を担当します。また、クライアントのご要望をシステムでどのように解決できるのかを検討するために、マーケティングチームと一緒に案件の初期段階から参画することもあります。
ー Webサイト構築といってもさまざまなケースがあるのですね。
土井: そうですね。一口にサイト構築と言っても、そのサイトで何を発信し、どのような施策をし、何を目的とするのかによって、必要となる機能はさまざまです。さらにクライアントが情報を発信するだけのサイトではなく、その先のユーザーを導けるサイトを望んでいる場合、当然ですが必要となる機能も多くなり、システムも複雑化します。
各分野のエキスパートの知識をワンストップで提供
ー 土井さんがシステム構築にマーケティングの観点を併せ持つようになったきっかけとは?
土井: 元々は学生時代に分析や統計学など情報処理分野の研究をしていたのですが、その頃からデータを生かしたマーケティングにも興味は持っていました。
ー その後はシステム開発の会社に勤務されていたんですね。
土井: 以前はSIerに勤めていて、自分でプログラムを書くこともよくありました。その会社ではシステムの話ができる人は大勢いたのですが、マーケティングを知る人はあまりいなかったことから、次第に新しい業界に入ってみたいという想いが強くなったのがきっかけで転職を考え始めました。そして、これまでにシステム開発で培った技術を生かしてクライアントのマーケティング活動に関わるチャンスがあると思い、電通デジタルを選びました。
ー そこで、デジタルマーケティングに強みを持つ電通デジタルへ転職されたのですね。
土井: はい。これまでシステム開発で培った技術を活かしてクライアントのマーケティング活動に関わるチャンスがあると思い、電通デジタルを選びました。前職でのプログラムやシステムの知識は、ベンダーと話をする際に役立っています。
ー 実際に入社されて、どのような印象を持ちましたか?
土井: この会社ではSEOやWeb広告などデジタルマーケティングに関わる各分野のエキスパートが揃っていて、1つの案件を成功させるために、さまざまな分野のエキスパートが集まって議論を重ねていくのが普通の光景です。これだけ多様性のあるエキスパートの知識を、ワンストップで提供できる会社はそう多くはないと感じています。
ー これからチャレンジしていきたいことは?
土井: デジタルマーケティングの重要性は、今後高まっていくと感じています。例えば、人工知能(AI)などの技術を活用したコミュニケーションツールなど、既にいくつかのパッケージが登場していますし、IoTの技術なども、既にマーケティング事例が出てきています。そういった新しい技術を上手く融合したシステムの構築も行ってみたいと考えています。

ENTRY

電通デジタル エントリーサイトはこちら。

PAGE TOP