CASE CASE

プロジェクトのすべての要素を集め、
「納得」できる最適解を導き出す仕事
オウンドメディア構築のPMO
データ/テクノロジー部門 プラットフォーム事業部藤松 雄一郎
クライアントの一員として寄り添う
ー 取り組まれているプロジェクトの概要について教えてください。
藤松: 製薬企業のMR(営業)と医療従事者をつなげるWebサイトなど、主にCRM(Customer Relationship Management)の提案と構築を行なっています。また、最近では通信事業者のオウンドメディア構築にPMO(Project Management Office)として参加させて頂き、制作から開発までを俯瞰してお客様の立場からプロジェクトをコントロールしています。
ー PMOとは具体的にはどのような業務を担当するのですか?
藤松: 私のケースでは企画から予算化、実施、公開、運用まで一気通貫で担当させていただくことが多いので「スーパー万屋(よろずや)」と自分で呼んでいます(笑)。
ー 「お客様の立場」とは具体的にはどのようなシチュエーションでしょうか。
藤松: お客様先に常駐してプロジェクトの企画段階からディスカッションに参加させて頂き、その企画をどのように実現していくのかをお客様と一緒になって考え、ベンダーとのインタフェース役となって公開まで持っていくという役割です。
ー 企画は藤松さんが提案するのですか?
藤松: 最初から実施が決まっていることもありますが、まだ決まっていない状態の案件については、クライアント企業内で予算化する作業からサポートさせていただくことも多いです。
プロジェクトに課題が生まれるのは当たり前
ー オウンドメディア構築ということでしたが、どのような内容だったのでしょうか?
藤松: 会員サイトやアプリの提供が主で、そのサービスを利用しているユーザーからすると静的なWebサイトのように見えると思いますが、実際には裏側でさまざまなシステムと連携してユーザー属性に合わせたレコメンドなどを行なっています。企業側が求める要望とユーザーの欲求は必ずしも一致するものではなく、相反する要素もあるのですが、そのバランスを取りつつユーザーとのエンゲージメントを高める施策を打っています。
ー プロジェクトの難しさはどこにありましたか?
藤松: クライアント企業が何を実現したいのかを事細かに知った上で企画・開発を行い、公開まで携わるのですが、当初の企画段階で想定していたものをどこまで現実化できるのか、やはりここが一番大変なところとなります。
ー 想定外の出来事も多いんですね。
藤松: プロジェクトは生き物なので、進行していくと共にいろいろな課題・制約が発生するのは当たり前として捉えています。ほかにも、クライアントの経営環境も変化しますし、新たなイノベーションが突然生まれてきたりもします。
ー 新しいイノベーションによる影響とは?
藤松: あくまで例えですが、LINEやAIを活用して企業がユーザーとコミュニケーションをとったり、Amazon Echoといったホームスピーカー型の音声アシスタントが登場したりする事態は数年前までは誰も想像していなかったものです。そうした時代のトレンドには当然対応していかなければなりませんし、最終的に皆が納得するものに仕上げることが一番の苦労ですね。
ー 皆の納得を得るためには何が必要ですか。
藤松: クライアント、企画者、開発者、運用者など、プロジェクトには多くの方たちが関わることになりますが、ベクトルは同じだとしても、細かい部分ではやはりそれぞれの立場で求める要素が異なってきます。まずは、それぞれの話をきちんとヒアリングし、蓄積した情報をロジカルに判断して、その結果を正しく説明することです。いわば橋渡しの能力です。
ゼネラリストが求められている
ー 藤松さんご自身はSIerとしての経験が長いとお聞きしていますが、現在のお仕事をする上でもSlerの経験は役立っていますか?
藤松: 15年ほどシステムの構築フェーズを専門としてきましたが、予算や期間があらかじめ定められていることが多く、企画提案した人とのつながりがないことも問題だと思っていました。先ほどの話でいえば、それぞれの「納得」が得られていない状態です。今は主に上流工程に関わり、これまでの技術をベースにして電通デジタルで蓄積したフェーズ毎のノウハウを生かしてプロジェクトに関わっています。
ー 一般的なエンジニアとは少し違うのですね。
藤松: 社内にはさまざまなスペシャリストがいますが、私は自分自身をゼネラリストだと思っています。プロジェクトに関わるすべての分野を少しずつわかる立場にありますので、そこがクライアントからも重宝がられているのではないでしょうか。電通デジタルというと企画寄りのイメージを持たれている人も多いと思いますが、私のように開発から来た人間も活躍できる環境ですし、そうしたニーズはとても強いのではないかと感じています。

ENTRY

電通デジタル エントリーサイトはこちら。

PAGE TOP