CASE CASE

一気通貫だからこそ、
「描いただけで終わらない餅」を
つくる仕事
マーケティングプラットフォームの導入
データ/テクノロジー部門 プラットフォーム事業部赤堀 亮介
MAなどのプラットフォーム提案をワンフローで
ー 現在のお仕事内容について教えてください。
赤堀: クライアントとその先のお客様とのコミュニケーション向上を目的とした、CRMやマーケティングオートメーション(MA)導入をメインで担当しています。

例えば、webサイトへ訪問したユーザーをお問い合わせまで結びつけたり、一度お問い合わせした方に成約いただくための施策を実行したりなど、MAなどのツールを活用してお客様とのコミュニケーションを効率化・最適化するようなプロジェクトですね。
クライアントからは、「社内に溜まったデータを活用して、より効果的なコミュニケーションを実現したい」といったニーズから相談いただくことが多いです。
ー 赤堀さんのお仕事範囲を教えてください。
赤堀: 例えばwebサイトのお問い合わせまでのMAであれば、カスタマージャーニーマップなどのストーリーと具体的なシナリオ検討から参画し、それらのシナリオをシステムとして実現させるための設計や、プラットフォーム上での実装までを担当します。
絵に描いた餅を食べられるようにする仕事
ー 今の仕事ではどんなことが求められていますか?
赤堀: 検討したコミュニケーションシナリオが絵に描いた餅になってしまわないように、実現可能性を高めるのが私の役割です。

MAにおいては、クライアントが持つデータでどんなセグメントができるか、カスタマージャーニー上でのアクションが本当にシステム上で実行できるのかといった事前の検証、また、使用するモジュールを決めたり、他社ツールを組み合わせたりなど、想定した戦略を具体化するためには、かなり多くのことが必要になってきます。
提案書は良かったけれどシステムがいまいちだ、などという失敗例を「絵に描いた餅」といいますが、提案も仕上がりもよい状態にするための、最も肝心な部分を担っていると思っています。

電通デジタルはワンストップに提案できることが特徴ですから、提案時にも、実現が可能かどうかといったすり合わせをしっかり行いますので、あり得ない仕様が混在するということはまずないように詰めています。
ー お仕事の中で大変なところなどはありますか?
赤堀: 私がメインで担当しているSalesforce Marketing Cloudは柔軟性も高く、施策をブラッシュアップする際にはとてもいいツールです。シナリオの実現性が高められ、実務面ではいまのところ大変なことはあまりありません。

ただ、デジタルマーケティングの領域はどんどん新しいソリューションが出て、思いもよらないレベルのことも可能になってきています。そんな中、専門家として、最適なソリューション提案の一翼を担うにはどうすべきか。もっともっと精度の高いものを提案するにはどうすればいいか、ということは常に自分の課題として感じていますね。
社内のエキスパートが揃って提案ができる充実感
ー この業界に入ったきっかけは?
赤堀: 以前勤めていたのはSIerでした。数多くのシステム提案を行っていく中で、クライアントの持っているデータを使ってどうコミュニケーションする、コンテンツをどう乗せるかといった話になってきて、あるとき、IT専業会社ではこれらのほとんどに関われないと気づいたんです。

クライアントが保有しているデータと、それらを活用するシステム、更にはその上に乗るコンテンツが切り離されていると、本当の意味でデジタルマーケティングを実現することが難しいな、と。それでITを基軸にしながらもコミュニケーションプランもできる仕事をしたいと考えて電通デジタルに入りました。
ー 実際に入社して、どうでしたか?
赤堀: 戦略策定に始まり、実行プラットフォーム構築、そしてPDCAを回すためのデータ分析まで一環して提供できるので、希望通りのプロジェクトスタイルになっています。もちろん、ワンストップとはいえ複数人でのチームですから、ストーリーづくりやコンテンツのエキスパートと一緒にITのエキスパートとして仕事ができるのは、非常に刺激的で、楽しいですね。

技術者だけの会社ではないので、ときに意見がぶつかることもありますが、プロジェクトの立ち上げや進め方のミーティングにおいては活発に意見交換ができます。
ー これからチャレンジしてみたいことは?
赤堀: より効果的なコミュニケーションの実現を目指して、さまざまなデータの利活用に取り組んでいきたいです。現在は、クライアントが持つwebサイトのアクセス解析データや会員購買データをメインに使っていますが、最近ではセカンドパーティー、サードパーティーといわれるデータの利用が広がってきています。それらをMAに取り込むことで、さらに一歩進んだコミュニケーションが図れるようになると思いますし、実際にそのような案件も始まってきています。

ENTRY

電通デジタル エントリーサイトはこちら。

PAGE TOP