社員紹介

電通デジタルの強みを把握し、統合案件をプロデュースする
統合デジタルマーケティング部門 プロデュース2部
統合プロデューサー
滝口絵美(2017年入社)

※2021年時点の内容です

大企業を母体としながら、ベンチャー気質もある会社

前職はソフトウェアのパッケージベンダーに勤務していました。新卒で営業として入社した後、マーケターに転身し、BtoB企業向けにリード獲得からホットリードづくり、成約に至るまでのフォロー等を担当。MAやCRM、SFAといったマーケティング支援ツールやBIツール、機械学習ツールを入れて営業の成約確率が高い企業を予測したりと、当時からデータやテクノロジーを活用した仕事をしていました。

転職のきっかけは、自身のマーケティングの知見を活かして、クライアントのビジネス成長に貢献していきたいという思いが大きくなったからです。具体的には、クライアントの課題に対し、単にツール導入を提案するだけでなく、課題を解決するための方針や方向性を導いていくといった仕事をしてみたいと思いました。
また、BtoB企業は営業が要になっている部分が大きく、マーケティング業務がどの程度売上に貢献しているか見えにくいことに歯がゆさを感じていたため、もっと自分の仕事の成果をダイレクトに見ることができたら、という理由もありました。

転職先を選ぶ際に軸としたのは、上記に加えてテクノロジーやデータを使ってマーケティング支援を行うという観点で、デジタルマーケティング企業を数社受けました。実は、電通デジタルは第一志望だったんです。より自分の強みを活かし、かつ領域も広げられる会社はどこかと考えた際、電通デジタルが最適な環境だと感じました。また、当時は電通デジタルが設立されてまだ1年ほど。母体は電通という大企業ですが、設立されたばかりなのでベンチャー感があり、新しいことに挑戦できそうという漠然とした期待感がありました。「ワクワクするデジタルへ」というスローガンにも共感しました。

統合プロデューサーとは、全社統合案件の舵取り役

入社して3年経ちますが、人事制度や所属部署なども目まぐるしく変化していて、想像以上にベンチャーのような環境だと感じています。私自身何回か異動を経験し、2020年の2月から現在の部署に在籍しています。

統合デジタルマーケティング部門は、電通デジタルが保有する複数領域の統合提案のリードとプランニング支援を行っています。
電通デジタルのビジネスは、デジタル変革のコンサル、マーケティングプラットフォーム設計・開発、そしてオウンド・ペイド・アーンドといった具体的なマーケティング施策の企画・実行と多岐に渡っています。これらのデジタル施策の総合的なコンサルティングを電通デジタルの強みとして提示できるよう、体制構築や提案をリードし並走しているのが私たちの部門です。要は全社統合案件の舵取り役といったところでしょうか。いたるところから相談がきますし、社内の様々な部署の人を巻き込んで統合的なビジネスを推進していくことを目指しています。

現在は、プロジェクトによってアカウントマネージャーやプランナーという立ち位置で動いています。アカウントマネージャーは主にクライアントとのコミュニケーションを担っており、クライアントに課題が発生すると社内の適切な人員をアサインして課題解決に向けた提案をするプロデューサー的な存在です。プランナーとしては、クライアントの売上を上げるために会員とどうコミュニケーションをとっていけばいいのか、どんな訴求をしていけばいいのかなどのプランニングをしています。

元々データやテクノロジー分野を得意としていたので、今までの知見や経験は存分に活かせています。ただ正直なところ、広告やDXの知見はまだまだ勉強中です。クライアントからの課題を聞いた時に、電通デジタルとしてどのような提案をしたらいいのか、社内のどんな人達をアサインしたらいいのか……そういった調整に苦労することもあります。社内の他部門の人とどれだけ接点を持っているかが大事になってくるため、常日頃からどの分野のスペシャリストがどの部署にいるか、といった情報収集は怠らないようにしています。

前例のない仕事に挑戦できるチャンスが山のようにある

統合デジタルマーケティング部門は、文字通り統合的な案件に携われる部門です。今、生活者と企業のコミュニケーションにおいて、デジタル領域が担う範囲は確実に広がっています。広告とCRM、戦略と実行、データと施策といったデジタルマーケティングを構成する要素を別々に考えることはもはや実態に合っていません。様々な要素を統合的にマネジメントする統合デジタルマーケティングは必要不可欠だと思っているので、そこを統合プロデューサーとして担えることは大きな醍醐味だと感じています。

あとは、やはりクライアントから信頼を得て継続的な関係を築いていくことはとても楽しいですね。以前、私が提案して受注が決まった案件で、クライアントから「滝口さんだったから決めたんだよ」という言葉をいただいた時は、この仕事をやっててよかったなと思いました。指名されるようなプロとして自分の価値を高めていき、ユニークな存在でありたいです。

今はプロデューサーやプランナーという役割を担っていますが、もっと経験を積んで実力をつけていかなければと感じています。一流の統合プロデューサーになるために、提案だけでなくプロジェクトにもしっかりと関与していきたいですし、自分の役割に固執せずに色々なことに挑戦していきたいです。
電通デジタルには、前例がない仕事に挑戦できるチャンスが山のようにあります。まずはチャンスをしっかり捉え、無駄にしないように踏み出して行動することが大切だと思っています。また、ぼんやりとでも自分のキャリアプランがイメージできていれば、それを実現するための環境が電通デジタルにはあります。自分なりのキャリアプランを描き、自身の強みや軸にしていきたいことを明確にし、入社後もそれをアピールし続けていく……そういった姿勢が大事なのではないかと思います。

ほかの社員のインタビューを読む