CASE STUDYCASE STUDYケーススタディ

電通デジタルの実績の一部をご紹介します。

子供向けスクール事業A社の
「大人向け」新サービス開発

健康・美容関連事業B社に対するコンテンツマーケティングによる潜在顧客の発掘少子高齢化時代に対応したブランド資産の再構築

CUSTOMERS' PROBLEMSCUSTOMERS' PROBLEMS お客様の課題

  • これまで子供向けに提供していた教室サービス事業が、少子高齢化の影響によって右肩下がりとなっているため、現状の資産を活用しながら、新たに大人を対象としたサービスとして提供したい。
  • 分社化によって新会社となったタイミングでもあるため、社員一丸となって「顧客体験の流れ」からサービスのデザインまで検討したい。

OUR APPROACHOUR APPROACH 電通デジタルのアプローチ

「クライアント企業の皆さまと共にサービスデザインを図る」アプローチで、 プロジェクトスコープを下記のように定義して推進。

  1. 1.新ターゲット層の理解に向けた事前調査
    1. (1)“大人”の興味関心の理解に寄与する電通独自調査データを含む様々なデータを収集
    2. (2)サービスアイディアの源泉となる他業界のベストプラクティス事例を収集・分析
  2. 2.独自フレームに基づいたワークショップの実施
    1. (1)1泊2日の独自フレームワークに基づいたワークショップを企画し、計30名でサービスの原案検討
  3. 3.サービスアイディアの精緻化
    1. (1)1.5ヶ月、計5回のワークショップを経て、各サービス案の精緻化
    2. (2)サービスイメージ訴求ムービー企画・制作
    3. (3)新会社社長に向けたサービスアイディア報告会開催

ACHIEVEMENTSACHIEVEMENTS 成果

  • 新たなサービスアイディアはクライアント経営層の高い評価を獲得し、プロトタイプイベントの実施につながった。

PAGE TOP