CASE STUDYCASE STUDYケーススタディ

電通デジタルの実績の一部をご紹介します。

健康・美容関連事業B社に対する
コンテンツマーケティングによる潜在顧客の発掘

健康・美容関連事業B社に対するコンテンツマーケティングによる潜在顧客の発掘健康・美容関連事業B社に対するコンテンツマーケティングによる潜在顧客の発掘

CUSTOMERS' PROBLEMSCUSTOMERS' PROBLEMS お客様の課題

運用型広告による「自社商品へのニーズが顕在化している層」の獲得は成果を上げていましたが、現状はニーズが顕在化していない「潜在顧客層」が充分に取り込めていませんでした。

OUR APPROACHOUR APPROACH 電通デジタルのアプローチ

データ分析を起点にコンテンツを制作する編集体制を構築し、プロジェクトのスコープを以下のように定義して実施。

  1. 「サイト内分析データ」「第三者ツールデータ」「キーワードインサイトデータ」からユーザーをモチベーション毎に3階層(潜在層・見込層・顕在層)にセグメントし、各ユーザーセグメントのニーズにあわせたコンテンツを発信。
  2. 従来の顕在層向けのKPI(CV数・CPAなど)とは異なる、潜在顧客層向けのKPI(新規UU・ユーザー定着率)を設定し、PDCAを実施。

ACHIEVEMENTSACHIEVEMENTS 成果

  • 新規ユニークユーザー(過去2年間にサイトに訪れたことのないユーザー)の大幅な増加につながりました。
  • さらに、潜在顧客層のCPA(獲得単価)を顕在層と同水準まで効率化することに成功しました。

PAGE TOP