CASE STUDYCASE STUDYケーススタディ

電通デジタルの実績の一部をご紹介します。

美容関連商品A社のCEO/CMOに対する
「データドリブンなブランド戦略」の意思決定支援

美容関連商品A社のCEO/CMOに対する「データドリブンなブランド戦略」の意思決定支援美容関連商品A社のCEO/CMOに対する「データドリブンなブランド戦略」の意思決定支援

CUSTOMERS' PROBLEMSCUSTOMERS' PROBLEMS お客様の課題

「勘と経験」でやってきたマーケティング施策やクリエーティブ表現開発をデータに基づいて戦略的に行い、売上目標を達成したい。

OUR APPROACHOUR APPROACH 電通デジタルのアプローチ

ビッグデータ分析&クリエーティブ開発の両輪で、マーケティング戦略とブランド戦略の策定から実施までワンストップで支援。
CEO/CMOの意思決定を短期・長期両面から包括的にサポート。

  1. 目標売上実現のための3カ年にわたるマーケティング戦略、ブランド戦略を策定
  2. 「商品ラインナップの体系整理」と「パッケージデザインのあるべき姿」を策定
  3. 「ID-posデータ分析」に基づき、営業部門の流通への交渉材料を提供
  4. 実施施策の評価に向けたKPI設計およびPDCAサイクルの立案と実施

ACHIEVEMENTSACHIEVEMENTS 成果

  • データドリブンでの意思決定支援により、3カ年のマーケティング戦略と売上目標の立案に貢献。
  • それまであいまいだった各プロモーション活動のKGI、KPIが明確になりました。
  • 電通のクリエーターとも戦略立案時点から密に連携、各種のデータ分析を軸とした新しいクリエーティブ表現が流通における棚の確保や売上の向上につながりました。

PAGE TOP